PR

バーブレスフックとは?バレやすい?徹底解説!

hook-comparison-2 ソルトルアー
記事内に広告が含まれています。

皆さん初めまして!
釣りを最高に楽しむ本ブログの管理人のたけしです。

今回はバーブレスフックについて解説します!

トラウトフィッシングでは基本となっていますが
意外と海釣りで使用する場面もあったりします。

今回は「バーブレスフックとは何か?」という基本から
メリット・デメリットについて徹底的に解説します!

管理人の簡易プロフ

  • 小学校の頃にバス釣りにハマる
  • ブランクを経て社会人になって海釣りに挑戦中
  • ルアー釣りを中心にショアからの釣りは何でも経験あり
  • 釣りで生計を建てるのが夢

バーブレスフックとは?

barbless-hook

バーブレスフックとはかえしのないフックのことです。
海釣りばかりする方はあまり馴染みがないと思います。

バーブレスフックと聞くとバレやすいというイメージばかりが先行していませんか?
意外とメリットもありますし、限定的ですが海釣りで使う場面もあります。

かえしとは?
フックの中程にあるトゲのような出っ張り
※下記画像の上がバーブレスで下がかえし付のフック

hook-comparison-2

メリット・デメリット

バーブレスにすることのメリットを挙げると以下です。
デメリットはその逆になりますね。

  • フッキングが決まりやすい
  • 針外し・リリースしやすい
  • 人に刺さった場合抜けにくい

フッキングが決まりやすい

かえしがないことによりスムーズにフトコロまでフッキングしやすくなります。
細い針だと実感が湧きにくいと思いますが、
例えばヒラマサ用などのように大きな針になると
その分かえしも大きくなため、
貫通させるのに大きな力が必要になってしまいます。

hook-comparison

上記画像は左が大型ヒラマサ用のフックで右がライトショアジギングで使用するフックです。

大きさは一目瞭然だと思います。
大型を釣る⇒フックを太くて頑丈にする⇒大型の魚は口も堅い
といった感じでデカいほどフッキングが決まりにくくなるわけです。

逆に細い針だとかえしがついていても
小さな力でもフッキングが決まるため大きく問題は感じないでしょう。

針外し・リリースしやすい

かえしがない分、
余計なひっかかりが無くなるため針を外しやすくなります。
リリース前提の釣りで使われる方が多いですね。

人に刺さった場合抜けにくい

かえしがあると魚から抜けにくいのですがそれは人も同じです。
万が一人体に刺さってしまった場合は、
かえしがあると激痛ですし抜くと肉が抉れます。

実際にサビキの針が刺さって抜いたことがあるんですが、
肉が抉れて激痛でした。
これが大物用の大きな針と思うと…考えたくもありません…

これがバーブレスだと痛いは痛いですが、
肉が抉れるような痛みは感じずにすむはずです。

大きな針が体にささった場合
一回貫通させてかえしをペンチで潰してから抜く
という方法もありますが、
貫通させるのも痛いし状況が限られます

大怪我のリスクを少しでも減らしたい場合は、
何を釣るかは関係なしにバーブレスにしておきましょう。
実際にそうしている人も一度見たことがあります。

バーブレスはバレやすいのか?

結論、バレやすいです。

しかし補足を加えると「特定の状況でバレやすい」となります。
特定の状況とはどういう状況なのかというと、
ブリなど遊泳力の高い魚とのやり取り中に
沖向きではなく反転してこちら(釣り人)に走ってきた場合です。

ラインテンションを張っていれば、向こうアワセのような形になるため
かえしがあってもなくてもバレやすさは変わりません。

問題はテンションが緩んだ時です。
テンションが緩むときというのは反転して向かってきた時になります。
ブリのような遊泳力の高い大物になるといくら必死にリールを巻いていても
敵わないのでテンションが緩んでしまうわけです。

そういう状況になるとかえしがない場合にバレやすくなるわけです…

シーバスのエラ洗いでバレやすいのも
テンションが緩むというのも一因ですね。

使う場面・使わない場面

バーブレスを使う場面

barbless-hook

管理釣り場ではかえし付きのフックの使用が禁止されています。
管理釣り場用のルアーはデフォルトでバーブレスフックになっています。

他にも釣り堀や遊魚船でも明確にバーブレスが指定されている場合があります。

バーブレスを使わない場面

big-hook

特に釣り場で指定されていない場合は釣り人の自由です。
なので「バーブレスを使わない場面」といっても人それぞれですが、
管理釣り場以外ではほとんどの人がかえし付のフックを使っていますね。

まとめ

バーブレスの有無はバレやすさだけで考える人が多いと思います。
しかしバレやすさ以外にもメリット・デメリットがあるということを頭に入れておきましょう。

そして状況によって使い分けするのが一番良い選択です。

小さなお子さんと釣りをする場合はバーブレスにしておくのも一つの選択です。
年齢にもよりますが、いくら注意してても竿を振り回して遊んだり
そもそもキャストもおぼつかないと思うので万が一を考えるとバーブレスが安全ですね。

ペンチで潰してバーブレスにするのが面倒なら最近は
管理釣り場用以外でもバーブレスフックが売ってます!

因みに…私は管理釣り場とリリース前提(バス、ナマズ)の釣り以外で
バーブレスは使用しません。
かえし付の方がメリットが大きいと思ってるからですが、
上記のメリット・デメリットをよくよく考えた上で自信で選択しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました