PR

魚に見えないピンクフロロを徹底インプレ!

pink ソルトルアー
記事内に広告が含まれています。

皆さん初めまして!
釣りを最高に楽しむ本ブログの管理人のたけしです。

今回は何かと話題の「魚に見えないピンクフロロ ショックリーダー(以降ピンクフロロと記載)」のインプレです。
その効果については半信半疑な方も多いんじゃないかなと思います。

実際に購入してライトショアジギングで20時間ほど使用してみて、
魚もかけましたのでファーストインプレッションとしてお伝えいたします。

pink

管理人の簡易プロフ

  • 小学校の頃にバス釣りにハマる
  • ブランクを経て社会人になって海釣りに挑戦中
  • ルアー釣りを中心にショアからの釣りは何でも経験あり
  • 釣りで生計を建てるのが夢
  • 魚に見えないピンクフロロとは
  • ラインナップ
  • 見た目、触り心地
  • ノットの結びやすさ
  • 強度について
  • 操作性
  • 本当に魚に見えないの?

ざっくりと大項目に分けるとこんな感じ。
ではさっそく詳細解説にうつりましょう。

魚に見えないピンクフロロとは

まずはDUEL公式のこの動画を見てみましょう。
ぶっちゃけこの動画で全て説明されているのですが、
私なりに説明をしておくと

魚は特定のカラーを強く認識しているらしく、
そのカラーの波長をカットして魚には見えなくしてしまおう。

といった試みのラインになります。

動画で見てわかる通り魚がガンガンラインにぶつかってますよね。
魚種にもよりますが、魚はラインによって見切ってくることは大いにあると私は思っています。

特に顕著だったのが、エリアトラウトです。
エリアトラウトは4lbといった細い糸を使うのですが、
何の知識もなく12lbのラインでやってたんですね。
そしたら自分だけ釣れないという状況に陥ってしまい…
そこで4lbのラインに変えてみると爆釣した。という経験があるんですよ。

ラインの太さや魚からの見え方というのはそれだけ大事だと思っています。
ではこのピンクフロロはどうなのか?見ていきましょう。

ラインナップ

ラインナップですがかなり幅広く展開されています。
※未発売のものもあり。(2024/04/17時点)
※値段は2024/04/17時点のAmazon価格

商品名サイズ展開値段
船ハリス大物18号~120号50m20号 \2,980
漁業者・プロスペシャル10号~120号未発売
万能ハリス1.5号~14号50m5号 \1,101
ショックリーダー0.4号~30号50m5号 \1,377
磯ハリス0.8号~5号50m5号 \1,314
船ハリス2号~16号100m5号 \1,806

パワーリーダーが5号50mで\941なことから若干値段自体は高めですね…

ハリス系のラインは使用したことがないですが、
予想としてはそこまでショックリーダー用と違いがないと思われます。
一先ずルアー釣りはショックリーダーで仕掛け作りやハリスとして使う場合は
状況に合ったハリス用を使うので良いと思われます。

見た目、触り心地

見た目についてはただのピンク色のフロロカーボンラインといった印象
フロロリーダーに着色してあるものが私の知っている限りないのですが
ピンクだから特別見易い・見にくいといった印象はないです。

触り心地は他のカーボナイロンやフロロのリーダーと比較すると
若干固め・ハリがあるかな?という印象です。

詳しくは後述しますが、固めだからと言ってノットが結びにくかったりはない
強度も7号25lbとよくあるスペックです。

ノットの結びやすさ

いくら魚に見えないからと言ってリーダーの役割を果たしてなかったら意味ないですよね。
なのでノットの結びやすさや強度といった点も大事になってきます。

まずノットの結びやすさですが、他のDUEL製ラインと比較して結びやすいです。
※比較したラインは「TBカーボン ショックリーダー」「パワーリーダー」

power leader
shock leader

感覚的な話になってしまいますが、FGノットでしめ込んだ際
比較対象のリーダーより簡単にしめ込みができました。

しっかりラインにPEがめり込んで編み込みができていたんです。
ちょっと文章では説明が難しいのですが…

まるでナイロンラインに結んでるかのようにギュっと結ぶことができたんです。

なのでFGノットに慣れてなくて強度に不安がある方にはおすすめできます。

強度について

このピンクフロロを使ってメジロとサゴシがヒットしましたが、
特に何の違和感もなくファイトできました。

今回使ったのは7号25lbなんですが、ちゃんと表記通りの強度はありそうです。
その点は特殊なラインだからといって変な癖はないので安心してよさそうです。

操作性

気になる操作性ですが、ぶっちゃけ普通です。
プラグからジグまで使ってみましたが普通のフロロリーダーと変わりません。
この点も安心して使用できます。

本当に魚に見えないの?

そして「本当に見えないの?」という疑問ですが、
ぶっちゃけ分からんというのが本音です。

DUELでかなりの実験を実施したそうなので信じるしかないというのが現状です。
発売されて間もないので「このラインにして釣果上がった!
と感じる方はかなり少ないはずです。

これから色々な人がこの商品を手に取り何万と実績が上がることで
信頼・信用が付いてくるのかなと思います。

通常のリーダーとして問題なく使えてるし
私は今後も使い続けようかなと思えるリーダーです。

膨大な実験が行われているとはいえ、
魚に見えないかどうかは沢山のユーザーの手に渡り後からついてくる結果なのかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました