PR

シマノ23ディアルーナをインプレ!【S106MH】

deliaru-na ソルトルアー
記事内に広告が含まれています。

皆さん初めまして!
釣りを最高に楽しむ本ブログの管理人のたけしです。

今回はシマノより発売された23ディアルーナを一年間使い込んでみたので
使い心地などを紹介していきます。

今回は「S106MH」の紹介です。
23ディアルーナはかなり豊富なラインナップ・番手がありますが、
[基本的]な使用感は変わらないと思いますので、
買おうか悩んでいる方は是非参考にしてみてください!

管理人の簡易プロフ

  • 小学校の頃にバス釣りにハマる
  • ブランクを経て社会人になって海釣りに挑戦中
  • ルアー釣りを中心にショアからの釣りは何でも経験あり
  • 釣りで生計を建てるのが夢

Youtubeもやってるので是非見てみてください!

deliaru-na
  • カーボンモノコックグリップ
  • スパイラルX
  • ハイパワーX
  • パーフェクションシートXT
  • SiCガイドリング

日本語でOKって感じですが、初心者の方は「なんかいい感じのやつ」くらいの認識でOKです。
今後色々覚えていくにあたって、気になってくれば調べていくので良いと思います!

このロッドの目玉はカーボンモノコックグリップですね!
こちらについては後ほど詳しく説明します

  • カーボンモノコックグリップは思いのほか感度は感じない
  • ジグ・プラグは20g~50gが最適
  • 良く曲がり、よく飛ぶ
  • S106MHはサーフのライトショアジギングに最適
  • 1年使ってライントラブルゼロ
  • 多すぎるラインナップ

ざっくりインプレするとこんな所です。
ではそれぞれ詳しく解説していきましょう!

カーボンモノコックグリップ

今回の目玉である「カーボンモノコックグリップ」について触れていきましょう。
上記にも書いた通り「感度が良くなったとは感じない」
というのが正直な感想です。

元々感度は良い方なロッドですがこのグリップ変更によって、
今まで以上に感度が良くなったのか?
と言われると疑問が残ります。

カーボンモノコックグリップとは?
リアグリップをカーボン一体成型で中空構造化するという革命的なアイディアを世に送り出したのがシマノでした。
そして振動伝達性、すなわち感度が優れることで得られる最大のメリットが、水中の変化を把握する感知能力です。目では判断しづらい水中の微細な流れの変化や、ボトムの質感などを鮮明に手元に伝達します。さらに実釣性能においては、ラインメンディングがやりやすくなり、波風が強いラフなコンディションでもルアーの泳ぎや状態がわかりやすくなるといった言った様々なメリットが生まれるため、ワンランク上のテクニックを積極的に取り入れたくなるような意のままの操作感をもたらします。
シマノHPより抜粋

分かりやすく説明すると、
ロッドのグリップって下記画像のようにスポンジのような素材(EVAグリップと言います)で覆われていますよね?

それがカーボンモノコックグリップは
ツルツルしたような質感の素材を使うことで感度の上昇を目指したものとなっています。
加えてそのツルツル部分が空洞になっていることによって感度上昇に繋がっているという感じです。

monokokkugurippu

話を戻してその「カーボンモノコックグリップ」の感度について、
試しにジグを投げて底をズル引きしてみたのですが、
他のロッドを使用していた時と感じ方は変わりませんでした。

上手い人ならまた感じ方も変わってくるかもしれませんが…
因みに別に「感度が悪い」というわけではなく、
元々スペック自体は良いロッドで感度も水準以上という印象はあるので、
マイナスになっているわけではありません。

なお、材質が故に「割れやすい」といった意見を見かけたことがあります。
砂利浜や磯で雑に使ってしまうことがありましたが、
若干のスレ傷がつく程度で致命的な損傷にはなりませんでした。
その点は安心して良いと思います。

更にこのロッドについてデメリットがありまして…
それは手が痛くなりやすいという点です。
キャストの際にグリップを持ってロッドを支えると思いますが。
EVAグリップの時は気になるほど手が痛くならなかったにも関わらず
このカーボンモノコックグリップだとかなり手が痛くなると感じました。
この点については感度云々以前の問題でデカいデメリットとなります。
(短時間釣行だと痛みは問題ないですが、一日中キャストを続けるとホント痛い…)

ジグ・プラグは30g~50gが最適

次にキャスト性能について、
こちらについては快適そのものです。
HMだと適合ルアーウェイトはMAX60gとなりますが
60gとなるとしなり過ぎて若干投げにくいかなという印象
一番快適にキャストできるのは40gといった所です。

逆に20gといった軽いルアーになると飛ばせますが、
そこそこ力を入れてロッドを曲げる必要がでてくるので結構疲れます…

私はライトショアジギングで青物狙いに買ったのですが、
シーバスで使うにはMHだと強すぎるかもしれません。
よくある湾内や河川でのシーバス釣りにはMLあたりがオススメです。

飛距離・パワー

飛距離及びパワーについても文句なしです。
10.6フィートのロングモデルを使用しているというのもあるのですが、
入門機の1万円前後のロッドよりかは確実に飛距離はアップしているのを感じます。

パワーについてもブリがヒットしたことがあるのですが、
特にパワー負けすることもなくほどよく曲がってくれて問題なくファイトを楽しめました。

1年使ってライントラブルゼロ

これは表題の通りなのですが、
一年間使い倒してマジでライントラブルは一回もありませんでした。
Kガイドの恩恵なのか分かりませんが、トラブルレスなのは本当にありがたい。
こロッドを買って一番良かった点です。

ただし!
友人が番手違いで96MHを使っていたのですが、
数時間で2回ガイド絡みでトラブってました…
キャストの癖によっても影響すると思うのでちゃんと基本に則ってキャストしましょう!

多すぎるラインナップ

そしてこの23ディアルーナですが、
ラインナップが多すぎます。その数なんと30
ライトタックル~ビッグベイトまで釣り人のニーズに応える脅威のラインナップです。
更にはベイトモデルまであるのできっと目的に合ったロッドが見つかるはず!

ライトにシーバスゲームを楽しみたい⇒S86L-S
ライトショアジギングで青物も視野に⇒S106MH

といった具合で自分に合ったロッドを選びましょう
全ラインナップを並べるとこんな感じ。

品番全長(ft.)全長(m)継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)先径(mm)ジグウェイト(g)プラグウェイト(g)適合ラインPE(号)本体価格(円)
S86L-S8’6″2.592133.31130.8MAX 253-210.3-131,000円
S86L8’6″2.592133.31121.6MAX 285-240.4-1.229,500円
S90L9’0″2.7421411161.6MAX 285-240.4-1.230,000円
S76ML7’6″2.292118.21051.7MAX 356-280.6-1.529,000円
S80ML8’0″2.442125.81131.7MAX 356-280.6-1.529,500円
S86ML8’6″2.592133.31171.7MAX 356-280.6-1.530,000円
S90ML9’0″2.7421411251.7MAX 356-280.6-1.530,500円
S96ML9’6″2.902148.61371.7MAX 356-280.6-1.531,000円
S100ML10’0″3.052155.91481.7MAX 356-280.6-1.532,500円
S106ML10’6″3.202163.51561.7MAX 356-280.6-1.533,500円
S76M7’6″2.292118.21111.7MAX 457-380.8-229,500円
S80M8’0″2.442125.81211.7MAX 457-380.8-230,000円
S86M8’6″2.592133.31251.7MAX 457-380.8-230,500円
S90M9’0″2.7421411291.7MAX 457-380.8-231,000円
S96M9’6″2.902148.61391.7MAX 457-380.8-231,500円
S100M10’0″3.052155.91681.7MAX 457-380.8-233,000円
S106M10’6″3.202163.51761.7MAX 457-380.8-234,000円
S110M11’0″3.3621721801.7MAX 457-380.8-235,000円
S80MH8’0″2.442125.81331.8MAX 6010-501-2.531,500円
S96MH9’6″2.902148.61661.8MAX 6010-501-2.533,000円
S100MH10’0″3.052155.91761.8MAX 6010-501-2.534,000円
S106MH10’6″3.202163.51861.8MAX 6010-501-2.535,000円
B86ML8’6″2.592133.31271.6MAX 357-300.8-230,000円
B96ML9’6″2.902148.61391.6MAX 357-300.8-231,000円
B76M7’6″2.2921181171.7MAX 458-401-2.529,500円
B86M8’6″2.592133.31331.7MAX 458-401-2.530,500円
B96M9’6″2.902148.61461.7MAX 458-401-2.531,500円
B106M10’6″3.202163.51721.7MAX 458-401-2.534,000円
B76MH7’6″2.2921181422.0MAX 7012-601-332,000円
B80H8’0″2.442125.81612.2MAX 130MAX 1302-434,000円
B80XH8’0″2.442125.81962.8MAX 200MAX 6

総評

では今回の記事まとめです。

  • ライントラブルゼロで最強!
  • カーボンモノコックグリップはかっこいいだけ?
  • MHの場合快適にキャストできるルアーウェイトは40g

といったとことでしょうか。
カーボンモノコックグリップについての不満はありますが、
その他の部分は中級機にしては高水準でまとまっている印象
です。
感度上昇を気にしなければ総合的に満足できるのではないでしょうか?
脱初心者で新たなロッドを探している方にはオススメの一本です!

Youtubeでもインプレ動画投稿しました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました