PR

【ジャックアイマキマキ】使い方からアクションまで徹底インプレ!【Hayabusa】

jackyay-makimaki ソルトルアー
記事内に広告が含まれています。

皆さん初めまして!
釣りを最高に楽しむ本ブログの管理人のたけしです。

今回は【ジャックアイマキマキ】のインプレをご紹介!

ブレードジグの定番になりつつあるメタルジグですが、
何がそんなに釣り人を引き付けるのか?

この記事で紹介します!

管理人の簡易プロフ

  • 小学校の頃にバス釣りにハマる
  • ブランクを経て社会人になって海釣りに挑戦中
  • ルアー釣りを中心にショアからの釣りは何でも経験あり
  • 釣りで生計を建てるのが夢

ジャックアイマキマキとは?

jackyay-makimaki

ジャックアイマキマキとはハヤブサから発売されている
ブレード付きメタルジグの一種
ですね。

ブレード付きのメタルジグは各社から発売されていますが、
個人的には一番好きなブレードジグです。

とくにサワラに効果抜群で、ブリ系青物から根魚まで何でも釣れますよ。

ブレード付きメタルジグは一個はタックルに忍ばせておくと釣りの幅が広がります。
そんな中の候補の一つとして是非検討してみてください!

基本スペック

ウェイトラインナップ

20g / 30g / 40g / 60g

20g~60gまでのラインナップなんですが、何故か50gがありません。
ルアーウェイトMAX60gのロッドを使ってると50gを投げたくなる場面がありますが
選択肢に50gがないのはちょっと残念ですね…

カラーラインナップ

各15色

jackeye-makimaki-color

※HayabusaHPより引用

リアル魚鱗といった珍しいカラーもありますね!
他にもチャートカラーなど基本的な色は揃っています!

価格

940円
※30g、シルバー青夜光ゼブラ
※2024/05/20時点のAmazon価格

1000円でお釣りが出ますが
60gだと1000円超えちゃいます。
他社と比べると

  • シマノ コルトスバイパーアオモノブレード ⇒ 660円
  • ダイワ サムライジグRスピン ⇒ 934円
  • メジャークラフト メタルジグ マキジグ スロー ⇒ 723円
  • ジャッカル ビッグバッカーラッシュブレード ⇒ 812円

このように若干ジャックアイマキマキが高いかなという印象です。

フック・塗装について

フック

フロントフックはシングルフックが1本で、
リアフックはトレブルフックという定番のセットです。

jackeye-makimaki-hook

フックの錆びや強度については問題ありませんが
特別強いというわけでもないので、
こまめなチェックは怠らずに必要に応じて研いだり交換したりしましょう。

塗装

塗装はあまり強くないです。
以下の画像はサーフで10時間ほど使った状態ですがそこそこ剥げちゃってます。

jackeye-makimaki-3

私はルアーのカラーはあまり気にしないタイプで剥げても味があると感じますが、
気になる人はコーティングしておいた方が良いです。

ブレードについて

jackeye-makimaki-blade

大きさは小さめで真ん丸に近い形ですね。
ホログラムシートが貼ってありフラッシング効果は強いです。
このホログラムシートについて
1年以上使ってますが特に剥がれたり削れたりなどの不具合は出ていません。

接続部分も問題ありません。
1年以上使っていますが錆びたりせずブレードの回転も正常です!

アクション

ただ巻き

ブレードジグの基本動作になります。
ゆっくり巻くとブレードだけが回転してキラキラを魚を誘い
早巻きするとブレードだけではなく、
ジグ本体も回転してアピール力が更にアップします。

フォール

ヒラヒラとゆっくり落ちていきます。
ブレードも勿論回転するので、フォールでのアピールも普通のメタルジグと比べて強めです。

ブレードを外した場合の性能

ブレードを外すとスロージグのようなイメージで使えます。

感覚としてはジグパラスローに近いかな?
(ジグパラスローのインプレは以下で!)

ブレードを外しても普通のメタルジグとして使えますが、
やはり真価を発揮するのはブレードを付けてる状態なので
わざわざジャックアイマキマキでブレードを外して使う必要はないでしょう。

使い方

基本的にはただ巻きで問題ありません。
巻きの速さによってジグの動きが変わるので様々なスピードで巻いてみましょう。

特にサゴシ狙いなんかでは超高速巻きが有効な場面が多いです。
水面から飛び出るか出ないがギリギリの速さで巻いてもしっかりアクションしてくれます。

他にはワンピッチジャークなど
普通のメタルジグを使う
ようにアクションするのもかなり有効です。

ブレードジグってワンピッチジャークをすると
商品によっては、エビりまくって釣りにならなかったりするんですが、
ジャックアイマキマキはジャカマキしたりワンピッチジャークしたり
様々なアクションを加えてもほぼエビりません。

エビるとは?
下記画像のようにルアーと糸が絡む状態のこと。

ebi

まとめ

今回はブレード付きメタルジグの中で私が特におすすめしたい
「ジャックアイマキマキ」を紹介しました。

jackeye-makimaki-mekki

青物は勿論有効ですし、メッキなんかも釣れたことがあります。
この機会に是非使ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました