PR

意外と奥が深い!?サビキ釣りで釣れない時に考えるポイント

sabiki-4 エサ釣り
記事内に広告が含まれています。

皆さん初めまして!
釣りを最高に楽しむ本ブログの管理人のたけしです。

アジの南蛮漬けが食べたい、泳がせ釣りがしたい
などなどサビキでアジやイワシを釣りたいことって初心者でも上級者でもよくあると思います。

釣り入門におすすめされるサビキ釣りですが、意外と釣れない時もあったりします。
今回は簡単に見えて意外と奥が深いサビキ釣りについて
釣れない時に考えるポイントを教えます!

sabiki-4

管理人の簡易プロフ

  • 小学校の頃にバス釣りにハマる
  • ブランクを経て社会人になって海釣りに挑戦中
  • ルアー釣りを中心にショアからの釣りは何でも経験あり
  • 釣りで生計を建てるのが夢
  • 針の大きさ
  • スズメダイに邪魔される場合
  • トリックサビキ
  • スキンについて
  • まとめ

ざっくりと大項目に分けるとこんな感じ。
他にも気にするポイントはあるのですが、
優先して気にした方が良いと思うポイントを今回は解説!

針の大きさ

個人的に一番大事だと思っているのは針のサイズです。
針はできるだけ小さい物を選びましょう。

デカアジしか狙わないという場合も針は小さい方が喰いが良いと経験しています。
アジが吸い込みやすいからか、小さいほどアミエビと同化しやすいのか分かりませんが、
実体験として豆アジを狙う場合も大きいアジを狙う場合も
針は小さければ小さいほど釣果が安定しています。

注意点があるとすれば針が小さいとハリスや幹糸も細くなるので
投げサビキなどで振りかぶって遠投するとカゴの重みで高切れするので
遠投する釣りには向かない
点でしょうか。
フワッとチョイ投げする程度なら問題ありません。

サビキはできるだけ針が小さくハリスと幹糸が太い物をチョイスしましょう!

sabiki-6
1号くらいがおすすめ

スズメダイに邪魔される場合

アジはいるのにスズメダイばかり食ってくる!

suzumedai
スズメダイ

ということはないですか?
そういう場合はウキを付けて投げサビキしましょう。
どういう訳かスズメダイは堤防の壁際から一定以上沖に出ないことが多いので
5m投げるだけでスズメダイを避けられることが多いです。

具体的にどのくらい投げれば?
という決まりはないですが、傾向としては日差しの入る部分には出てこないイメージです。
堤防などの影と日光の境目、明暗の境目を基準として見ると良いかと思います。

ウキ仕掛けは若干面倒ですがちょっと投げてみましょう。

トリックサビキ

トリックサビキという手もあります。
あまり馴染みがない方もいるかと思いますが、
アミエビを針につけて釣ってしまおうという仕掛けです。

専用の仕掛けが必要ですがエサを使う分喰いはいいです。

難点としては投げれないということでしょうか。
投げるとエサが簡単に取れちゃうので…
なので足元に落とす場合に有効な釣り方ですね。

sabiki-5
トリックサビキ

スキンについて

スキンについてですが、これがまた色々あってややこしい…

基本は定番のピンクスキンとして、
反応がなければ白スキンを試してみましょう。

それでも駄目ならハゲ皮やサバ皮を試してみましょう。
ただ…ここまで色々試すのは正直メンドクサイ…ですよね?

なのでハゲ皮、サバ皮、ピンクスキンが
一つの仕掛けに混合されている商品があります。

6本針で2本がハゲ皮、2本がサバ皮、2本がピンクスキンみたいなイメージです。

それを使ってハゲ皮ばかりにかかるな~
ピンクスキンだけにしかかからんな~
など傾向が見えてきます。

sabiki-3
サバ皮
sabiki-2
白スキン

傾向が見えたら後は効率よく釣れるよう、
6本針の仕掛けにチェンジしましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?
意外と奥が深いサビキ釣りについて解説しました。

シーズンによる狙い方や水深の考え方など、
深堀していくとまだまだ解説したりないのですが
情報が多すぎても混乱するので今回はこのくらいにしておきます。

更に深堀した記事はこちら!

今回の解説は釣れない場合に対応してみる手段なので
普通に釣れている場合は特に何も考えなくてOKです!

aji

では、よい釣りライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました